宇野勝伝説


日本プロ野球史上最も重要な人物の一人、中日ドラゴンズ宇野勝氏に関するメモ

  • ヘディング 「君も宇野君」
  • その試合後、星野仙一から食事に誘われたうーやん。星野の車の後ろを自分の車で追いかけるが、
    信号停止の際に星野の車にぶつけてしまう。
  • ホームランを打った喜びのあまり前を走っていた大島に気付かず、彼を追い越してしまいアウトになった。
  • うーやんの伝説のプレーと、江本の「ベンチがアホ」発言は同じ日。
  • 今年の目標を聞かれて、「3割、30本、・・・・3盗塁」。
  • 2004年のキャンプで、選手以上にいちばんバットを多く振っていた。
  • 達川が審判のボール判定に抗議。打者のうーやんに「今のストライクだよな?」と聞くと、「ストライクでしたね。」と答えた。
  • 試合にユニフォームを忘れてしまい、コーチのユニフォームを借りて試合に出場した。
  • また高校時代の県大会で、ユニフォームと間違えて同じ色のパジャマを持ってきたらしい。
  • 中日には守備を買われて入団した。
  • 本人曰く、マスターズリーグで打撃開眼したらしい。
  • 少年野球教室で、「日本で最初に打球をヘディングした男」を自慢気にアピール。
  • 浪費家で多額の借金を作った前妻を親族、知人が責める中、「彼女はきっと淋しかったんですよ。」と宇野は一人で庇ってやった。
    さらに離婚する際、「お前が払う必要はない。」と妻の借金を全て自分で背負った。
  • 三遊間の痛烈なゴロを横っ飛びでナイスキャッチ、一塁へ送球のはずが、投げたボールはライト前へ
  • マスターズリーグで走塁ミス「いつになったら治るんじゃ!」と高木守道に怒られる
  • 原辰徳「宇野君、ボクと一緒に東海大で三遊間を組もうよ。」
    宇野氏「あんな人気者と一緒にやるんじゃ、活躍してもちっとも目立たないから面白くない」
  • 現役時代に落合とバッティング談義で何度も徹夜
  • 名古屋ローカルCMで米の袋をヘディング
  • 顔面デッドボール→大したことないと一塁へ→コーチに言われて帰宅→翌日、歯が痛いと歯医者へ→レントゲンを撮ったところ、アゴの骨が割れていた。

悪いけど、冗談じゃない。しょせん人の子、宇野勝。チョンボをやると夜も眠れない。
結局グッスリ眠ってしまうが、それはボクの肉体が睡眠を欲しているがためで、
もう一方、精神の奥底にはいつだって、「いかんなあ」の思いが渦巻いている。








 
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO